迅速に直して清潔を維持!修理が必要なキッチンの水漏れ関連の情報をご紹介

当サイトでは、修理が必要なキッチンの水漏れ関連の情報をご紹介しています。
水が漏れてしまっているときには、迅速に直して清潔な環境を維持したいものです。
また台所の水の漏れの直し方も取り上げているので、どうやって直すのかを知りたい人にもおすすめです。
毎日使うことも多いところなので、早く直すと良いでしょう。
さらに台所の水の漏れを放置するリスクも解説しています。
悪化させてしまうことのないように、迅速に直しておくことをおすすめします。

迅速に直して清潔を維持!修理が必要なキッチンの水漏れ関連の情報をご紹介

キッチンの水漏れが気になるという人もいるでしょう。
その場合の対処法をご紹介します。
給水管や蛇口からの水漏れの場合には、パッキンの劣化が原因になることが多いです。
蛇口の場合には自分で交換することもできます。
キッチンの排水口の水漏れの場合には、排水トラップやホースの継ぎ目が劣化していることが多いです。
応急処置は補修用テープを巻き付けておこないます。
しかしこれは一時的なしのぎ方なので、早めに修理を依頼するのがおすすめです。

キッチンの水漏れの修理に必要なアイテム

築年数が長くなるほど、自宅の設備はどんどん老朽化していきますが、特にトラブルが起こりやすい場所がキッチン等の水回りです。
キッチンで起こるトラブルの一つに水漏れがありますが、多くの人はパニックを起こして修理業者に連絡を入れがちです。
しかし水漏れが起こる原因の多くは蛇口の本体や部品の劣化にあるので、どこから水が漏れているのかチェックして蛇口タイプを確認した上で、自分で対処できるか判断しましょう。
例えばハンドルタイプの水栓で、部品の接続部分からジワジワと水が漏れている状態なら、内部のパッキンが劣化していることが原因の場合が大半です。
そこで必要となるアイテムが水栓取り外しレンチとモンキーレンチ、交換用のパッキンです。
水道の元栓を閉めて、水が漏れている接続箇所のナットを回して外します。
この時内部の残留水が溢れる可能性があるのでタオルや雑巾を準備しておくことがおすすめです。
跡は水栓上部のパッキンを交換し、ナットをレンチで再度締めたら、通水して水が漏れないか確認したら完了です。

キッチンの水漏れする蛇口トラブルに多い原因

キッチンの流しに付いている蛇口から水が漏れていることは多いのではないでしょうか。
キッチンでは水道のパイプの先から水漏れすることが少なくありません。
先端から水がぽたぽたと滴り、固くとハンドルを閉めたのに閉まり切らず少しずつでも水が漏れているのは、あまり良い気持ちにはならないものです。
このような蛇口のトラブルの原因では、内部にある部品が劣化しているということが多くあります。
ケレップというパーツが内部にありますが、これは金属とゴムで出来ていて特にゴム製のパッキンが劣化しやすいです。
劣化によって隙間が出来て、ハンドルをしっかり閉めても、水が漏れるということに繋がっています。
このようなときには、ケレップのパッキンを交換することで直せます。
キッチンの水道では、ハンドルの根元から水が漏れてくることもあるかも知れません。
この場合も内部にあるパーツのパッキンが劣化していて、交換すれば直せるケースが多いです。

キッチンの水漏れする流し台を直すには

日頃から調理や洗いを繰り返すキッチンは、家の水まわりの中でも利用頻度が高いため、何かと水トラブルが発生しやすいゾーン。
特に水漏れに関するケースは、キッチンでは目立つトラブルと言えるでしょう。
例えば流し台の下がいつもカビやすい、水を流すたびに床下が濡れる等、このようなケースはキッチンでの典型的な水トラブルに当たります。
流し台にまつわる水漏れの原因としては、給排水管のナットの緩みやパーツ劣化、あるいは詰まりによる腐食などが考えられます。
さらにシンクと建材の隙間を埋めるコーキング不良も、水が漏れ出す原因になります。
これらの水トラブルは軽度の症状であれば、素人の方でも修理は可能です。
例えばナットの緩みは工具で締め直すだけですし、詰まりが原因ならば、市販のパイプクリーナーやワイヤーブラシ等を使用して、解消すればよいでしょう。
またコーキング不良も、市販のコーキング材を塗布し直すだけで十分です。
しかしそれでも水が漏れる症状が治まらなかったり、パーツやシンクを丸ごと交換するような大掛かりな工事が必要ならば、迷うこと無く、プロの業者へ連絡しましょう。

キッチンの水漏れはなぜ起こるのか

キッチンは様々な箇所に給水管や排水管があるので、場所によってなぜ水漏れが起きたのか異なる原因が存在します。
ハンドルを閉めた吐水口や、部品の接合部から水が漏れている場合、原因としては老朽化で内部部品が劣化していることが考えられます。
設置してから10年以上経過した蛇口に多く、接合部からの漏水は最初のうちはにじむ程度ですので、筋のような水垢が見え始めたら点検や交換が必要になっていきます。
キッチンのシンクの下にある給水管や給湯管が水が漏れだしている場合は、パッキンの劣化やナットのゆるみが主な原因です。
水が溢れるように出ている時は、シンク下の止水栓を閉めましょう。
シンク下の排水管や排水トラップが漏水している時は、パッキンが劣化したことで接合不良を起こしているのことが多く見られます。
ほかにも、排水管内部で詰まりが起こっていたり、蛇腹ホースに亀裂が生じている可能性があります。
シンク自体から水漏れが見られる場合、コーキングに隙間ができていたり、サビて穴が開いていることが考えられます。

キッチン,水漏れに関する情報サイト
キッチン水漏れの関連情報

当サイトでは、修理が必要なキッチンの水漏れ関連の情報をご紹介しています。
水が漏れてしまっているときには、迅速に直して清潔な環境を維持したいものです。
また台所の水の漏れの直し方も取り上げているので、どうやって直すのかを知りたい人にもおすすめです。
毎日使うことも多いところなので、早く直すと良いでしょう。
さらに台所の水の漏れを放置するリスクも解説しています。
悪化させてしまうことのないように、迅速に直しておくことをおすすめします。

Search